健康的に太る方法をご紹介します。

健康的に太るにはどうすれば良いのでしょうか。今まで結果が出ずに悩んでいる方向けに、最新栄養学の元に太る方法を調べました。私も健康的に太りたくてたくさん悩んだ一人です!一緒に頑張りましょう!

 

 

健康的に太る事が難しい方、「健康的に見られない」「女性らしい体に憧れる」「ガリガリだから自信が持てない」といった様々な悩みを抱えていると思います。そもそも健康的に太る事が難しい方は「小食」であったり「胃腸が弱く」たくさん食べられない、「食べる事が好きでない」といった悩みもあるかと思います。ご家族が痩せた体型なら「体質」かも知れないと諦めかけている方も。。。

 

でも、食事や運動を少しずつする事で、痩せ体型、ガリガリ体型へのコンプレックスが無くなるほど、健康的に太る事ができるんですよ。人は同じものを同じだけ食べても消化し、吸収する率は違うそうなのです。では痩せている方がどうやったら無理なく栄養素を無駄なく吸収できるのか、調べてみました。

 

 

健康的に太るには何が大切か

どれだけ頑張っても結果が出なかった方、必見です。人の体のしくみを正しく理解し、効率よく健康的に太りましょう!

 

 

 

食事の大切さ

健康的に太るには何より食事が大切です。栄養学では体型の9割が食事で決まると考えられています。運動も体型に影響しますが、食事の大切さと比較すると微々たるもの。健康的に太るためには何より食事が大切ですが、「太る」と一般的に言われているものをやみくもに食べるだけでは「健康的に」太れません。実際、高カロリー食である、ケーキやチョコなどの甘いもの、揚げ物などの油もの、ステーキなどどれも高脂肪で高カロリーです。大量に食べていればいつかは太れるかも知れませんが、全く健康的でないですし、栄養学の観点から見るとおかしな話なのです。人の体の仕組みをきちんと理解し、効率よく太りましょう。

 

医学部のメソッド

私がこれからご紹介する内容は、スタンフォード大学医学部やオランダの名門大学での食品、健康、栄養などの講義を参考にしています。科学的、医学的根拠がきちんとある方法なので、安心してトライしてみてください。時間がかかっても少しずつ食事を変える事で健康的に太ることができ、理想の体型に近づけるはずです。

 

太っている体と痩せている体

私がご紹介するメソッドは、一見するとダイエット食のようです。たしかにオススメしている食品はダイエットでも広く紹介されている方法ですが、人の体は、健康的な食事を行う事で太っている人は痩せ型に、痩せている人はふっくらと健康的に太る事ができるのです。この面白い効果をぜひ体感してみてください。

 

 

☆このサイトはこんな方におすすめです☆

健康的に太る事に苦労している

食が細く食べられず健康的に太ることができない

両親も細く、体型は遺伝かと諦めている

 

 

健康的に太るための栄養素

体型を決めるのは食事が9割!では、何をどのように、どれだけ食べればよいのかご紹介します。

 

 

バランスと適量

テレビ番組で○○が効く!と放送されれば、翌日にはスーパーからその食品が消えて入手困難な状況に・・・。なんて事がしばしば起こりますよね。効く!と聞けば購入し、継続的に食べておきたいところですが、実は同じ物そればかりを頻繁に食べていると健康を害してしまう可能性があります。全ての栄養素には副効果もあります。実際にダイエットに良いとされた白インゲン豆は食べ過ぎると吐き気などを起こす成分が含まれていて話題となりました。何を食べるにしても食事全体のバランスと適量が大切だといえます。

 

発酵食品

古くから人間の健康を守ってきた発酵食品。健康的に太る事にも役立ちます。日本には納豆や味噌、漬物といった発酵食品が数多くありますよね。ぜひ食事に取り入れてください。

 

発酵食品の効果

発酵食品には様々な菌が含まれています。腸内環境を整えてくれる乳酸菌、ビフィズス菌などは毎日でも摂取したい健康的に太る上で大切な菌です。腸内環境が整う事で、食事で摂取した栄養素を吸収しやすくなります。腸内環境が整う事で、体全体の健康も増すので、積極的に摂取してくださいね。

 

発酵食品の注意点

発酵食品には健康的に太るために役立ってくれる、数多くの微生物が含まれています。しかしこの微生物は60度前後で死滅してしまうため、発酵食品を食べる際にはなるべく温度を加えず生のままいただくと良いようです。しかし味噌などの発酵食品はお味噌汁にしたりと熱を加えてしまいますが、温かいお味噌汁には内臓を温める効果があるので、温めて食べてくださいね。内臓を温める事で代謝が良くなり、消化吸収能力がアップします。関節的に健康的に太る助けをお味噌汁が担ってくれています。

 

酵素やアミノ酸

発酵食品には健康的に太る事に欠かせない酵素やアミノ酸が大量に含まれている、完全栄養食といわれています。病気の元となる菌を殺菌してくれたりと、天然のお薬のようです。

 

かつお節

意外にも、かつお節は発酵食品なんですよ!味もしっかりとしているので、サラダに加えたりそのまま食べてもおいしいですよね。かつお節には複数のアミノ酸やビタミン類、タンパク質のおかげで疲労に強い健康的な体作りをサポートしてくれるようです。体内で合成できない必須アミノ酸が9種類全て揃っている点も、かつお節の素晴らしいところです。

 

お酢

米酢やフルーツから作ったお酢がありますが、中でも黒酢がおすすめです。アミノ酸の数が群を抜いていて、疲労回復や老廃物の排出といった体内の代謝をあげてくれます。食欲を増進してくれるので、食が細い方が健康的に太るにはぜひ摂取していただきたいです。

 

キムチ

韓国の伝統的なお漬物ですが、最近では日本でも普通に食べられていますよね。キムチには乳酸菌が豊富なので腸内環境を整えてくれます。たくさん使用されている唐辛子は食欲を増進してくれるので、食が細る夏には強い見方に。健康的に太るには、キムチを冷蔵庫に用意しましょう!ただ、スーパーに売っている市販のキムチは保存料などの添加物が多め。添加物は、分解する過程で体内の酵素を大量に使用するため、細胞の再生が後回しにされるようです。健康的に太る事が目的なので、オーガニックのキムチや手作りキムチで腸内活動してくださいね。

 

乳酸菌飲料

発酵食品同様に腸内環境を整えてくれる乳酸菌飲料。市販のものは糖分が多く、健康的に太るには不向きです。糖分=太るをイメージされている方も多いと思いますが、どうしても糖分の弊害の方が多く、決して健康的ではありません。発酵食品の方が栄養学的に見ても優れているので、ぜひ日々の食事に取り入れてみてください。

 

善玉菌を増やす方法

発酵食品でたくさん増やした腸内の善玉菌たち。健康的に太るには毎日の食事で発酵食品を食べて、善玉菌を腸内に増やす必要がありますが、この善玉菌をより活性化させる方法があるんです。それは、善玉菌の種類を意識する事。名門大学の研究などでも明らかとなっていますが、善玉菌の種類が多い腸内は善玉菌じたいの活動も活発なのだそうです。

 

善玉菌を活性化させる方法

善玉菌の種類を増やすには、納豆や味噌など発酵食品を選ぶ際、メーカーを定期的に変えてみると良いそうです。産地を変えるのもおすすめの方法。健康的に太るには、発酵食品のメーカーや産地を定期的に変更し、善玉菌の種類を増やしてくださいね。

 

発酵食品の栄養素、酵素、ビタミン、ミネラル、乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖、乾燥ショウガといった健康的に太るための栄養素が全部入ったサプリもあります。食事の吸収率を高めたい時、健康的に太ることをサポートしてくれます。最近発売されたサプリですが、とても人気なのでチェックしてみてください。

 

 

健康に太るためのサプリ、ファティーボ

健康的に太ると評判になっているファティーボを実際に購入してみました。

 

 

1ヶ月での変化

私は胃腸が虚弱体質でなかなか食べられないタイプですが、ファティーボを飲んで1ヶ月くらいで、胃もたれがしにくくなりました。食事も、このサイトに書いたように、すりおろしたり、柔らかくしたりと一工夫したのが効果的だったように思います。身長160cm体重41kgと痩せ型で、ふっくらした女性に憧れていましたが、ファティーボで1ヶ月1.5kg増やす事ができました。血色がよくなったと友人にも言われてとても嬉しいです!

 

3ヶ月での変化

体質はなかなか変化しにくいと聞いていましたが、3ヶ月くらいからだんだんと変わってきました。食べる事が好きになりました。また、ファティーボには専門的な栄養学や医学の知識を元にした、健康的に太るためのメソッドが同封されていたので、健康的に太るための正しい知識がついたと思います。3ヶ月で4kg太る事ができました。160cmで45kgなのでまだまだ痩せ型ですが、健康的に太る食事に気をつけて頑張っていきたいと思っています。

 

 

健康的に太るための食事

主食はお米、小麦、豆類、何が効率よく健康的に太る事ができるかご紹介します。

 

 

主食はご飯で

日本人の腸への影響や価格を考慮すると米がベスト主食となります。お米は栄養のバランスが良く、主食として優れています。玄米と比較すると白米は栄養価が少なくなっていると言われますが、主食としての役割は十分です。足りない栄養はおかずで補ってください。健康的に太るには、魚、肉、豆、野菜、海藻、たまごなどをバランスよく食べる事が大切です。クセが無く食べやすい白米は主食にぴったりです。

 

パンや麺

たまにはパンや麺も楽しんでください。健康的に太るには、楽しく食事する事も大切ですよね。しかしパンは種類によっては砂糖や塩分が過多となる可能性があるので、パン選びは慎重に行いましょう。麺も同様に汁物の塩分が気になります。

 

健康的に太るには、意外にも水選びが大切です。日本の水道水は安全ですが、含まれている塩素が腸内の善玉菌を殺菌してしまう事が報告されています。せっかく発酵食品で増やした善玉菌を殺してしまってはもったいない!水は水道水でなく、ミネラルウォーターなどを飲みましょう。

水が不足し、体が脱水状態になると、血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロになると消化吸収が落ちてしまい、せっかく食べた栄養素がきちんと体に取り込まれません。とてももったいない事なので、健康的に太るには、水もしっかりと飲むようにしましょう。

 

砂糖は避けよう

お菓子類やスーパーのお惣菜に大量に入っている砂糖。砂糖は、太るイメージがありますが血糖値を急上昇させる事で体を疲弊させます。東洋医学や薬膳の世界では、砂糖は暑い地域(日本だと奄美・沖縄)で取れるもの(サトウキビ)だから体を冷やす作用があると言われています。

西洋医学的にも、砂糖は体を冷やす作用があると研究されています。それは、体内吸収の早い、精製された白い砂糖を摂取する事で血糖値が急激に上昇し、血糖値を下げるためにインスリンが出ます。血糖値は大きく下がり低血糖となります。この低血糖を上げるためにアドレナリンが分泌され、交換神経が刺激される事で、血管が収縮して血流が減り、体が冷えると考えられています。研究機関や研究者によりこうした調査には差があるので、反対意見がある事も当然ですが、最新科学ではこちらの意見が有力のようです。

 

 

健康的に太る食べ方!

どう工夫すれば効率よく健康的に太る事ができるのか、また、胃腸に負担の少ない食べ方を調べました!

 

食事回数は少なく

人間の体は、小まめに分割して食べるとあまり太ることが出来ないようです。例えば、100kcal食べれば100g、200kcal食べれば200gといった食べたカロリーに比例して太る事はなく、一定量を超えるとドカンと体重が増え、太るのだそうです。1日に約1500kcalを食べるなら朝昼晩と3回に分けて500kcalずつ食べるのではなく、朝500kcal、昼は抜いて夜1,000kcal摂るほうが理論上太るのだそうです。

 

1食を多めに

食事を抜く事が苦手な方は、1食を大目に食べるのも良いようです。痩せている方はたくさん食べられない方が多いので意識して1食1食を多めに食べる事で、毎食一定量を超えて太る事ができるようです。

 

すりおろして食べる

弱い胃腸を酷使せずに太るために食べるなら、すりおろしがおすすめです。すりおろしている分、消化吸収が楽で負担になりません。また、すりおろす事で成分が活性化する事もあります。大根、たまねぎなどは代表です。魚のお供に、ドレッシングに色々と工夫ができそうです。

 

健康に太るための運動

運動をするとカロリーが消費されて太るのでは?!と心配の方に、健康的に太るための運動をご紹介します。

 

運動が必要な理由

運動=痩せるというイメージが強いですよね。しかし健康的に太るためにも実は運動が必要なのです。その理由は血流にあります。運動し、適度に筋肉のついた体は血流が良くなります。人の体は、血流に乗って栄養素が体の隅々にまで渡ります。また、内臓の働きも活発になるため、栄養素の消化吸収の効率がよくなります。健康的に太るには、運動はとても大切となります。

 

どれくらいの運動が必要か

健康的に太るための運動は、血流アップが目的なので、ヨガがピラティス、ウォーキングなどが理想的です。ジョギングの習慣がある方は、消費カロリーと摂取カロリーを計算し、摂取カロリーが少なくならないようにアレンジしてみてください。

 

以上で

健康的に太るための食事や食品、運動、サプリなどをご紹介しました。最近はとても良いサプリが出ているんですね。毎日のお食事にぜひ、プラスしてみてくださいね。

 

トップに戻る

 

より詳しい参考サイトは:

肉をつけたい女性のためのブログ|ガリガリ卒業宣言!

 

 

公開日:
最終更新日:2018/07/06